1. Home
  2. 初めての個人年金の選び方
  3. 国民年金の場合 (自営業者のケース)
初めての個人年金の選び方

国民年金の場合 (自営業者のケース)

ご自身でご商売をしている自営業の方や、その奥様などが加入しているのが「国民年金」です。

では、実際に受け取れる国民年金の年金額って一体どのくらいなのでしょう?
ご主人様がご商売をされていて、奥様は専業主婦、そんなご家庭のケースで確認してみましょう。
加入期間は、最長である40年間の場合と、最短である25年の場合でご説明しますね。

たとえばAさんが20歳から、60歳までの40年間、毎月きちんと保険料をおさめた場合、
国民年金の加入期間は最長期間の40年間になりますよね。
つまり受け取れる年金額も最高額になるということです。

Aさんの奥様も同じように20歳から60歳までの40年間、
毎月きちんと保険料を納めていた場合、Aさんと同じく毎年786,500円受け取れますので、

1か月に受け取れる国民年金の最高額が、ご夫婦2人の総額で約131,000円ということは、
逆に、加入期間が最短の25年だった場合(つまり最低額の場合)いくらぐらい受け取れるのでしょうか?

自営業者Bさんと奥様は、毎月の支払いが厳しかったので、国民年金を納めていませんでした。
しかし、ご商売も軌道にのり、育児も落ち付いてきたので、
Bさん奥様とも35歳から国民年金を納め始めたとします。
35歳から60歳まで毎月きちんと納めてきましたが、加入期間は最短の25年間です。
こんなケースの場合、受け取れる年金額はいくらくらいでしょうか?

あなたの、今の毎月の生活費から見て、この金額ってどうでしょうか?
国民年金だけだと、ちょっと不安・・・というのもうなずける、そんな金額かもしれませんね。

公的年金について
厚生年金の場合(サラリーマンのケース)

常に私たちライフサロンスタッフはお客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。

無料相談予約申込
お問い合わせ
簡単30秒シミュレーションはコチラ

ページ先頭へ戻る