初めての個人年金の選び方

  1. Home
  2. 初めての個人年金の選び方
  3. 戻り率114.3%の個人年金保険とは?

戻り率114.3%の個人年金保険とは?

ここでご紹介するのは、「個人年金保険」の中でも、一番分かりやすい「確定年金」です。
確定年金とは、たとえば25歳から60歳まで毎月決まった保険料を支払った場合に、65歳から75歳までの10年間といった
確定された期間、毎年決まった金額の年金を受取ることができる年金です。
では下記のシミュレーションを確認してみましょう。

65歳時点で『年金受取』を開始した場合(65歳から75歳まで10年間受取る場合)

例えば、毎月1万円の保険料を25歳から60歳まで支払った場合、35年間に支払う保険料は420万円になりますよね。
支払いは60歳で終了ですが、65歳の時点で、『年金受取り』を選択すると、65歳から75歳までの10年の間、
毎年年金として48万円を受取ることができるので、合計約480.1万受取ることができます。
支払いが420万円で、年金受取総額が約480.1万円ですので、お金が約60.1万円も増加、戻り率は114.3%にもなってくれます。

上記のように、『個人年金保険』は、受取りの方法として、65歳の時点で年金を一括して受取る『一括受取』と、
65歳から75歳までの10年間に渡り、年金を受取る『年金受取』を選択することができます。
「一括受取」と「年金受取」などの受取り方法は、65歳の時点で自由に選択できますので便利と言えますね。
また、上記の戻り率は「最低保証」された戻り率であり、株式などのような変動リスクもないので安心ですが、
さらに、三井住友海上あいおい生命の運用成果に応じて、契約者配当金を受取ることができる点も嬉しい機能です。


「契約者配当金」とは、責任準備金等の運用益が三井住友海上あいおい生命の予定した運用益をこえた場合に、
ご契約後6年目から5年ごとに契約者配当金を受取ることができます。
契約者配当金を受取らずに積み立てた場合(5年ごと積立配当金)には運用成果に応じて、
基本年金額に加えて増額年金・増加年金を受取ることができます。
※増額年金…年金支払開始日前の契約者配当金(5年ごと積立配当金)により買い増した年金
※増加年金…年金支払開始後の契約者配当金により買い増した年金(配当金支払方法を増加年金買増とした場合)

個人年金保険って何?
戻り率121.3%の終身保険年金プランのご紹介

常に私たちライフサロンスタッフはお客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。

無料相談予約申込
お問い合わせ
簡単30秒シミュレーションはコチラ

ページ先頭へ戻る